需要がどんどん増加している浜松のママ活

◇湖北省では菊の在庫がありません

香港を代表する英字新聞サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)の13日のレポートによると、旧正月

静岡・浜松でママ活できそうな女性 〜藤枝・富士でもママ活にチャレンジしよう

 

(旧正月)=今年の2月12日=前年の後に亡くなった人々の家族日本の旧正月。旧正月の深夜以降、花を訪ねて寄付したり、お香を焚いたりするのが通例です。浜松のママ活

今年は、前年の旧正月以降の死亡者数が多く、花の需要が増加しました。

旧正月初日の12日、武漢中心部の花市場は黄白菊を求める人々で溢れ、品物不足で値上がりしたとのこと。このため、カーネーションとバラを代わりに使用することを提案しました。浜松のママ活

SCMPによると、地元のテレビやインターネットメディアは、フラワーマーケットでの市民の集まりについて「市民は日本の旧正月を祝うために買い物に行く」とTwitterの日本語版「Weibo」に投稿しました。すると、インターネットユーザーから「どんな花を買っているのか説明する勇気はあるのか」と聞かれました。 「売り切れた花は、お香を焚くのに必要な花でした。」 「真夜中に人々がどこに向かっているのかを知ってください。浜松のママ活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です