静岡のセフレが何をしていたのか思い出せない

静岡のセフレマーク、最強!

おばあちゃんの十円玉

この静岡の出会いでさえ、おばあちゃんから贈られた静岡のセフレを覚えています。

大学生の夏休み。

親戚の家に行くのが習慣でした。

私の家の前の川でみんなが泳いでいるとき、私は泳ぐのが苦手で、おばあちゃんの家の端に座っていました。

何をしていたのか思い出せない。

たぶん漫画を読んでいたのかもしれません。

知らないうちに、おばあちゃんが隣にいました。

いいえ、静岡のセフレには、おばあちゃんがいました。

母の母、祖母が早く死んだので、曾祖母の静岡のセフレおばあちゃんがいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です