電車に乗っているセフレは静岡が好きだから仕方ない

そして、セフレ近くに立っている身なりのいい年配のサラリーマンが携帯電話を取り出した

「あら、こんにちは。スーマン、電車に乗っているので後で電話するよ。」

セフレは悲鳴を上げて電話を切った。

“ポンプ…

「ミニモニでも…」

「www」

紳士として際立つセフレの着メロがミニモニなので笑う乗客。

しかし、関係者は全然気にしていないようです。

むしろ[ミニモニの何が問題になっていますか?好きだから仕方ない。

あれは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です