静岡で新しいセフレは成長した

静岡は若竹です。
子供時代の言葉は竹、若い竹の葉、若い緑の竹です

初夏、地面に出てきた静岡は茶色の皮を脱ぎ、新しい竹になります。新鮮で新鮮な葉を広げます。それはその年に成長したため、今年も竹と呼ばれています。

静岡でセフレ

若竹、山に渦巻く山
(藤原武也)
正午に若竹の冷たい手をつないで
(串原紀子)
今年は無邪気なものに囲まれた竹
(朝倉和恵)
静岡夕のプルーン
(吉野佳子)
今年の竹
(今瀬耕一)
今年竹の皮をむくと少し汗
(鈴木正樹)

通勤中に川沿いで見た竹かごを見てください。
スズメは内側からスズメです。
これに雀宿はありますか?

[静岡]
「おうり」

咳を青くした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です